セフレの作り方と体験談 ※重要ポイントは5つ!

セフレの作り方の体験談をまとめています。
MENU

セフレの作り方 ※重要ポイントは5つあります。

セフレの作り方で重要ポイントは5つあります。セフレが欲しい場合には、5つを極めたら、毎日とっかえひっかえに違う女とヤリまくることも可能です。当サイトで、勉強することをオススメします。

 

さっそくですが、セフレを作るために重要な5つのポイントを公開します。この情報は、グーグル先生でいくら調べても当サイト以外では、出てこないと思います。独自の理論ですが、納得感、ロジカルさが違うと思います。

 

1、出会いの数を増やす
2、セフレにしやすい・ヤリやすい女の選球眼を高める
3、口説きのレベルを上げる
4、セックスのレベルを上げる
5、仲間を増やす

 

この5つを極めたら、マジで毎日違う女とヤレます。それぞれ解説していきます。

 

出会いの数を増やす

まず、セフレにする為の女がいなければ、始まりません。出会いの数や、セフレにしても問題が起きない女との出会いを増やす必要があります。ナンパ、合コン、街コン、出会い系サイト、といったところです。

 

かなりレベルを上げると、自分でイベント等を主催して、出会いが途切れない仕組みを作ることも出来ます。サークルやバーベキュー、スポーツ、など色々あります。しかし、セフレには向かないケースもありますし、そこでセフレ関係にするにはレベルの高いスキルが必要になります。

 

セフレにしやすい・ヤリやすい女の選球眼を高める

次に、セフレにしやすい女やヤレる女を見極めるスキルを上げると良いです。口説くスキルが高くないうちは、どうしてもヤリたい女よりも、ヤレる女とやるしかありません。出会いの数を増やせば、セフレにできる女と出会える確率も上がりますし、口説きのスキルも上がってきます。

 

また、当サイトを見ている方は、継続的なセフレでなくても、とりあえずヤレる女と一回ヤルだけでもいい!という人も多いと思います。しかし、どんなときにOKサインが出ているのか?この女はヤレるのか?セックスに誘っても大丈夫か?が分からない口説き初心者の場合、ビビッて、ヤレる女を逃してしまう可能性も高いです。

 

口説きのレベルを上げる

口説きのレベルを上げると、極端な話、出会えた女を全員セフレにすることも可能です。考えてみれば、極めればそれすら可能です。また、ヤレる女とだけセックスするのではなく、自分がヤリたい女を口説けたら、それだけ男として幸せでしょうか?

 

セックスのレベルを上げる

セックスのレベルを上げることは重要です。なぜならば、男でセックスが上手い人はかなり少ないからです。ですので、上手い男は、ブサイクでもセフレがいたりします。それだけで圧倒的な差別化になります。

 

これは、本当です。

 

あなたは、自分のセックスに自身がありますか? 自身が持てるようになれば、セフレ量産への道は近いです。

 

仲間を増やす

セフレを作れないで悩んでいる人は、この視点が全くありません。仲間を増やすことです。友達です。悪友とでもいうべき、女遊びをできる友人が増えれば増えるほど、セフレ作りは楽になります。

 

なぜか?

 

一緒にクラブや街コンでナンパをする、合コンをするなど、出会いの幅が広がるからです。クラブナンパや街コンの場合、最初からサシで会えればいいですが、そうもいかない場合もあります。その場合、仲間と合コンにもっていけば、出会いの幅が広がりますし、合コンをしてもらえることも多いです。出会い系でも1対1で会うのは不安で複数で飲み会をしたいというケースも稀にあります。

 

また、女遊びをできる仲間との情報交換は非常に貴重です。マジです。

 

地元ならではの情報や、オススメの出会い系サイトやアプリ、使ってみた感想なども聞けますし、ヤッた女の情報交換も刺激になります。

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、セフレの体験談です。

ここからは、セフレ作りの体験談やお持ち帰りの事例などです。参考にして頂ければと思います。

 

僕は都内の大学に通う大学4年生です。
僕が合コンで女の子をお持ち帰りするようになったのは、3年生になった頃からです。
それまでも結構な頻度で合コンはしていたんですが、いつも普通に解散して、好みだった女の子に後から連絡をして、後日遊んだりというパターンでした。
しかし、一度女性の方から誘われてお持ち帰りをしたことがあり…正確に言えばお持ち帰りをされたですが(笑)
女性にお持ち帰りをされてから、「お持ち帰りもいいな!」と思い、それから積極的にお持ち帰りをするようになりました。

 

最初の頃は勝手がつかめずに成功率は低かったのですが、今ではなかなかの勝率でお持ち帰りできています。

 

僕が合コンでお持ち帰りをするときにしているのは「事前予告」です。
事前予告というのは、合コンの最中にあらかじめ意中の女性に後で二人で抜け出そうと提案しておくというものです。

 

というのも女性の人っておそらくお持ち帰りをされた事実をなるべくなら他の人に知られたくないと思うんですよね。

 

男同士なら
「昨日俺あの子お持ち帰りしたぜ!!」
「お前やるじゃん!!」
なんていう会話になると思います。
まるで武勇伝を語るように(笑)
しかし、女性の中には
お持ち帰りされた=軽い女
という意識があると思うので、女性はお持ち帰りされた事実を知られたくないと思うんですよ。

 

合コンでお持ち帰りが発生したときに、よくみんなで解散した後に男女が二人で夜の街に消えていく、みたいな光景があるじゃないですか。

 

あれって女性側からしたらあんまり気持ちのいいことではじゃないんじゃないかなって個人的に思っています。
ということはみんなで解散したときにそのタイミングで女の子に「二人で飲もうよ。」とか声をかけても、女の子的には周りの目も気になって断ってしまうような気がするんです。

 

だから、僕はいつも合コンが終盤に差し掛かったあたりでこっそり意中の女の子に声をかけています。
「このあともしよかったらでいいんだけど、二人でどっかいかない?」
みたいな感じです。

 

お酒の席で声をかけるまでにいい雰囲気を作れていると結構高い確率で女の子はOKしてくれますね。

 

女の子がOKを出してくれたら、合コンが終わる少し前に
「ごめん。予定ができたから先に帰るわ。」
と言って合コンを抜け出します。
もちろん男側の幹事には、合コンが始まる前に伝えておいてです。
そして、うまいこと合コンを抜け出せたら女の子に待ち合わせの場所を連絡すればOKです。

 

解散したら女の子は、他の女性には適当に理由をつけて一人で帰る雰囲気を装うのでお持ち帰りされたことを悟られる心配もないんです。

 

そこから先は二人だけのお楽しみですね。
もし、女の子をお持ち帰りしたいのなら、「女の子がお持ち帰りされた」という事実を他の人に知られない様に気を配ってみるといいと僕は思います。"

更新履歴

メニュー

このページの先頭へ
人間ドック補助金